ワキの黒ずみの原因と解決法

03

ノースリーブやタンクトップを着たとき、ちらっとワキの黒ずみが見えて恥ずかしい思いをした事があります。ワキの黒ずみの一番の原因は、メラニン色素の沈着です、わきの黒ずみを防ぐためには、ワキの下にできるだけ刺激を与えないことが必要です。体にぴったりしすぎる服やきつい下着は摩擦が大きくなるので、肌への刺激が強くなります。

また汗をかいて蒸れた衣服を着替えないでいると、ワキの皮脂汚れや黒ずみを招く可能性があり、夏や運動した後など、特に多く汗をかきやすい時は、こまめに拭いたり着替えたりして、ワキの下を清潔に保つよう心がけないといけません。

特に夏は、ワキの汗やニオイをケアするために制汗剤を使う機会が増えてきますが、汗腺を塞ぐ制汗剤も、ワキの黒ずみの原因になるので、刺激の強いものを避け、過剰に使用しないなど、製品選びや使い方には注意する必要があります。

ムダ毛の処理も、間違ったやり方をすると肌に負担をかけて黒ずみを引き起こすことがあります。ワキの下のムダ毛をカミソリを使って処理する場合は、クリームを塗ってできるだけ摩擦を少なくし、剃る方向は、毛の流れに沿って、刃をすべらせるようにして剃ります。剃りきれず残った毛のみ、無理のないように逆剃りします。

毛抜きで抜く場合は、入浴や温タオルでワキを温め、毛穴を開いてから行います。毛穴が閉じた状態で抜くと、埋没毛やブツブツ毛穴になりやすいです。脱毛のあとは保湿が大切で、美白効果のある肌に合った美容液を染み込ませたコットンでパックをするのも良いです。

きれいなワキのためには、規則正しい生活と食事も大切です。黒ずみの予防・解消に効果的とされる主な栄養素は、ビタミンCとビタミンEです。ビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、コラーゲンの生成を助けるため、美白化粧品の成分としても使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>